剣道の手刺し防具とミシン刺し防具の違いとは?

手刺し防具は人が縫うので、コテや面に厚みがでるので打たれたときにショックが小さくなると言われています。
だけど若干重くなるとも言われています。
そして、人が縫うのでどうしても価格が高いです。

 

一方、ミシン刺し防具は名前のとおり、ミシンで縫います。
機械でしっかりと縫うので手刺し防具より薄いです。
ミシン刺し防具は価格が安いのが魅力です。

手刺し防具を使うのはどんな人?

手刺しが高価なものだとわかったのですが、じゃあどんな人が手刺し防具を使うのか気になったので旦那に聞いてみました。
すると、高段者の先生とかが使うと言っていました。

 

防具は高いものでは何十万とします。
やはりいい防具は素人や子供ではなくて高段者の先生がぴったりですね。